vbsの始め方

VBScript(vbs)とは?

VBScript(ブイ・ビー・スクリプト)、Microsoft Visual Basic Scripting Edition は、Visual Basic 風の、マイクロソフトによるスクリプト言語である。Microsoft Windows 上や Internet Information Server(IIS)上で動作する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/VBScript

Windowsで簡単に作成・実行することができる、VB風のスクリプト言語です。
拡張子に「vbs」とつければVBScriptとして動作します。

vbsファイルの作成方法

拡張子を「vbs」にすれば終わりです。(ファイル名.vbs)
ダブルクリックですぐに実行できます。

エディター

エディターはメモ帳でも良いと思いますが、
マイクロソフトの「Visual Studio Code」がオススメすすめです。
好みの問題なので好きなものを使いましょう。

構文の基本

先頭行に「Option Explicit」を記述します。
これは変数を明示的に宣言することを強制する記述です。

Option Explicit ステートメントを使用する場合は、どのプロシージャよりも前のモジュールに記述する必要があります。
モジュールにOption Explicitが指定されている場合は、 Dim、 Private、 Public、 ReDim、またはStaticステートメントを使用して、すべての変数を明示的に宣言する必要があります。 宣言されていない変数名を使用しようとすると、コンパイル時にエラーが発生します。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/office/vba/language/reference/user-interface-help/option-explicit-statement

下記は「Option Explicit」を記述しているときの違いです。
「Dim」というのは変数を宣言する意味です。

これはエラーになりません。

Option Explicit

Dim x

x = "Hello World"
MsgBox x

これはエラーになります。
「Option Explicit」を記述していない場合はエラーになりません。

Option Explicit

x = "Hello World"
MsgBox x

簡単なスクリプト

「Hello World」と表示するメッセージボックスを作りたいと思います。
「’」(Shift + 7)をつけると、その行はコメントになります。

Option Explicit

'変数の宣言
Dim x

'表示するテキスト
x = "Hello World"

'メッセージボックスの表示
MsgBox x