【Unity】属性まとめ

属性のまとめ

属性(attribute)とはクラスやメンバーに追加情報を与えるものです。

AddComponentMenu

AddComponentのメニューからスクリプトを追加できるようになります。

ColorUsageAttribute

色をColorFieldとColor Pickerを使用して構成するために使用する属性です。
インスペクターでHDRのカラーを調整したい場合に便利です。

ContextMenu

コンテキストメニューから関数を実行することができます。
下記画像のようにスクリプトの右上にある歯車アイコンから関数を実行できます。

ContextMenuItem

フィールドを右クリックして任意の関数を実行することができます。
変数の値を右クリックでリセットしたい等に便利です。

DisallowMultipleComponent

GameObjectに2つ以上のコンポーネントをアタッチできないようにします。
(他のコンポーネントが2つ以上追加できないようになるわけではありません)

ExecuteInEditMode

ゲームを実行していなくても関数が実行されます。
Update関数は、常に実行されるわけではなく、シーン何に何か変化があったときのみ実行されるので注意が必要です。
常に実行させたい場合は、OnRenderObject関数を使用すると良いです。

HeaderAttribute

変数名の頭に説明文を追加できます。

HelpURL

コンポーネントのヘルプアイコン(下記画像参照)をクリックすると任意のURLを表示します。

HideInInspector

public 変数はインスペクター上に表示されますが、
非表示にしたい場合に使います。

Multiline

複数行のテキストフィールドを表示します。

Range

int型やfloat型の値をインスペクター上からスライダーで操作できます。

RequireComponent

スクリプトアタッチ時に、強制的に必要なコンポーネントがアタッチされます。
下記ソースだと、スクリプトアタッチ時に、RigidbodyとBoxColliderが自動的に割り当てられます。

RuntimeInitializeOnLoadMethod

Awakeの次に呼び出されるっぽいです。
staticにしてれば呼び出さなくても勝手に呼び出してくれるらしい。
使いどころは正直よくわかってないです。Awakeより後に初期化したいけど
Startよりは前であってほしいときに使う?

SelectionBase

シーンビューで親子になっているオブジェクトの「子」を選択しても
「子」が選択されます。
プレハブ化しているときは親子になっているオブジェクトの子を選択しても、
ルートのオブジェクトが選択されてしまいますが、この属性が付与されていると
一発で選択できるようになります。

Space

インスペクターにスペースを入れます。

TextArea

スクロールできるテキストエリアを作ります。

Tooltip

インスペクターの変数にマウスオーバーすると
変数に説明テキストを表示できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク2
スポンサーリンク2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク2