マテリアルのEmissionを操作

マテリアルのEmissionをスクリプトで操作する

    // 第二引数をTrueにするとHDRカラーパネルになる
    [ColorUsage(false, true)] public Color color1;
    [ColorUsage(false, true)] public Color color2;

    private MeshRenderer r;
    private float timer;
    private bool isSwitch;


    void Start()
    {
        r = GetComponent<MeshRenderer>();

        // マテリアルの変更するパラメータを事前に知らせる
        r.material.EnableKeyword("_EMISSION");
    }


    void Update()
    {
        timer += Time.deltaTime;

        // 1秒ごとに色変える
        if (timer > 1f)
        {
            if (isSwitch)
            {
                r.material.SetColor("_EmissionColor", color1);

                isSwitch = false;
            }
            else
            {
                r.material.SetColor("_EmissionColor", color2);

                isSwitch = true;
            }

            // タイマーリセット
            timer = 0f;
        }
    }

[ColorUsage(false, true)] により、
インスペクタにHDRのカラーパネルを出せるようになります。(下記画像参照)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする