【Unity】DoTweenまとめ①

DoTweenの基本

初めにusing DG.Tweeningを追加します。

移動

// Vector3, float, (bool)
transform.DOMove(endPos, duration, snapping);

回転

// Vector3, float, (RotateMode)
transform.DORotate(endValue, duration, RotateMode.Fast);

スケール

// float, float
transform.DOScale(endValue, duration);

Jump(跳ねながら移動)

// Vector3, float, int, float, (bool)
transform.DOLocalJump(endValue, jumpPower, numPower, duration, snaping);

Punch

// Vector3, float, (int), (int)
transform.DOPunchScale(punch, duration, vibrato, elasticity);

Shake

// float, (float), (int), (float), (bool), (bool)
transform.DOShakePosition(duration, strength, vibrato, randomness, snapping, fadeOut);

特定の値を徐々に変えていく

DOTween.To

int count = 0;
// countを目的の値に徐々に変える
DOTween.To(
    () => count,         // 対象の値
    num => count = num,  // 値の更新
    10,                  // 最終的な値
    1.0f                 // アニメーション時間
);
スポンサーリンク
スポンサーリンク2
スポンサーリンク2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク2