【Unity】iTweenの便利関数(揺れ編)

iTween.ShakePosition(gameObject, iTween.Hash(“x”, float, “y”, float, “time”, float))

iTween.ShakeRotation(gameObject, iTween.Hash(“z”, float, “delay”, float, “time”, float))

iTween.ShakeScale(gameObject, iTween.Hash(“x”, float, “y”, float, “delay”, float, “time”, float))

iTween.PunchPosition(gameObject, iTween.Hash(“y”, float, “delay”, float, “time”, float))

iTween.PunchRotation(gameObject, iTween.Hash(“z”, float, “delay”, float, “time”, float))

iTween.PunchScale(gameObject, iTween.Hash(“x”, float, “y”, float, “delay”, float, “time”, float))

iTween.ValueTo(gameObject, iTween.Hash(“from”, 値, “to”, 値, “time”, float, “onupdatetarget”, gameObject, “onupdate”, “OnUpdateColor”))

ValueToメソッドだけは特別で、
指定した任意の開始値と終了値の間を時間経過によって変化させることができます。
カラーを変えているのは一例です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク2
スポンサーリンク2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク2